漢方薬での薄毛治療

治療方針を決めるということが重要

たくさん人が、薄毛の有効な治療方法を探しているといいます。薄毛の理由は人によって様々です。加齢や遺伝など独力では改善できなかったり、複数の原因が複合している場合もあります。

薄毛の治療は皮膚科で行うこともできますが、副作用リスク低下のために、漢方薬を飲んでいる人もいます。数千年前の中国から受け継がれてきた医療知識が中国伝承医学です。動植物からつくる漢方薬は、体質改善に効果的です。

血が余った状態になると、新しく髪ができるようになると言われてきました。薄毛になることと、血行が悪くなることは、極めて近い関係にあります。髪の健康と、体の健康は密接な関わりがあります。血虚とは、髪の水分が失われ、つやのない状態として現れます。

血が不足している状態のことで、補血を目的とした漢方薬を処方するなどします。漢方の考え方では、薄毛とは、頭皮の血流がよくない状態であり、血行をよくする漢方薬が処方されます。ストレスが蓄積されたり、環境に問題がある場合、円形脱毛症になる男性は大勢います。

漢方薬では、自律神経の働きを調節したり、神経を穏やかにさせる漢方薬が処方されています。薄毛になりやすい理由を知り、その上で治療方針を決めるということが重要です。

 

サイトマップ